ルノルマンカード 逃すなチャンス!!NO.2 クローバー

カードの意味

カードのセンテンスイメージを一枚ずつお伝えするページです。

意味を覚えるのではなく、ぜひイメージを作り上げてください。

 

今回は2番目のカード、クローバーです。

子供のころ、クローバーを見つけたら、毎回四葉を探していましたが1度も自力で見つけたことがないルノルマンカード占い師の狐月庵がお送りします。

 

このカードはイメージしやすいのではないでしょうか。

ざっくりワードはチャンス、幸運、ギャンブルです。

 

 

概要

【キーワード】

チャンス、幸運、ラッキー、成功の始まり、良い機会、ギャンブル

 

【健康】

神経系、または第六感

 

【種別】

ポジティブカード(ウィッシュカードともされる)

 

【時期】

2日、2週間、2か月、山が近くにある時は2年

 

【人物像】

失敗を恐れない楽観的で元気な人

ネガティブに出るとギャンブル依存症・パチンカス

 

 

 

解説

 

・プチハッピー読み

このカードは見た目やイメージ通りに「チャンス」と読みます。

努力の有無関係なしに突然現れる幸運を差します。

 

同じように幸福を示すカードに「太陽」「月」がありますが、彼らと違うのは幸福感と期間。

クローバーは、成功(太陽、月)をおさめるためのチャンス程度の幸福感と、そのチャンスを逃せば成功が遠のくくらいの期間の短さです。

 

 

このカードが出たときはどの出来事がクローバーの指し示すチャンスなのかをしっかりとキャッチし、この幸運を無駄にしてしまわないように次につなげていくことが大事です。

 

・ざわ…ざわ…読み

小さいころ、四葉のクローバーをお財布に入れておくと金運が上がるなんてジンクスがありましたが、このカードにも同じく金銭的な意味が込められています。

リーディングするときは、「賭け運が良くなる」と読んでいきます。

 

どこでチャンスを得ることが出来るのかは隣接するカードを確認していきましょう。

コンビネーションリーディングです。

 

・コウノトリ+クローバー

=変化を伴う移動がチャンスをもたらします

・船+クローバー

=旅先にチャンスがある、旅行がチャンスになる

などなど・・・

 

ネガティブなカードが近い場合はチャンスを活かしきれなかったり、気が付かずに見過ごしてしまう暗示です。

 

 

実際に鑑定でクローバーを読む際には、隣のカードと組み合わせながら、恋愛のことなら「新しい出会いがあるのかな」「突然連絡があるのかも」、仕事のことなら「いいお客さんがきてくれるのかな」「大きな仕事を任せてもらえるかも」など状況や質問に合わせた意味を考察してみましょう。